環境に与えるストレスを減らせる

環境と共存する家と環境を破壊しないでz自然が持つエネルギーを有効活用して暮らしていきます。環境共生住宅は住む方に快適な生活を与えて、地球環境に優しエコハウスを意味して、環境共生住宅は長期にわたって、孫世代が末永く暮らしていける家でもあります。定期的にリフォームして長期間住み続けられる家は初期の建築費用が割高になっても長期的スパンで考えるとコスト抑えられます。そして、地球環境といえば大げさかもしれませんが、世の中にあるすべての住宅が環境配慮しないで生活をすれば、そのストレスは環境に大きい負荷となります。ですが、住宅が環境配慮した設計断熱性の高い素材を使って冷暖房の使用量減らしていければ、環境に与えるストレス減らして自然と調和した生活になります。そして、電気も火力発電所、原子力発電所が作る電気利用して生活をしていて見えないところで環境に多大なストレスを与えます。そして、太陽呼応発電など自然エネルギ-利用して発電を用いると環境に与えるストレス減らせるのです。