二世帯住宅にしてよかったこと

二世帯住宅にして良かったことは、ずばり親の様子をすぐに把握することができるようになったことです。高齢者になると、ちょっとしたことで転けて転倒することも多々あり、心配が多々ありましたが、やはり二世帯住宅にしたことで安心して生活を送れるようになりました。日常生活の中で落ち着いて生活できるような空間を住宅メーカーの方と相談しながら、とても親身になって予算の範囲内でプランを立てて下さるなど、かなり安心して受注することができると感じた住宅メーカーへ依頼することにしました。二世帯住宅を建設する時には住宅ローンを組む必要があるので、無理してプランを立てるのはよくないなぁと感じていたので、予算の範囲内で設計してくれるようなところを探していました。なので、住宅メーカーの方とコミュニケーションが柔軟にとれて、安心できるようなところがよいなぁと感じていたので、何箇所か相談して比較した上で二世帯住宅を立てることにしました。