二世帯住宅の間取りについて

二世帯住宅はやはり親の住居と自分の住居の間取りをどうするかが一番悩みどころだと思いました。これは体験談や友人の口コミなどを聞いてもまるで違ってくるケースが多く、両親としっかりと相談をして決めることになりました。二世帯住宅の間取りに関してはどの部分までを共通スペースにするかという点も重要ですし、親の住居の形態も違ってくるのでこれも考慮することが大切です。

割とよくあるケースだと思うのですが、両親は和室中心の部屋や間取りを希望しており、自分の家族は洋式の間取りを希望していたので、これを区切るような感じでの間取りを考える必要がありました。寝室は別にするのは当然でしたが、特に問題がないとされている玄関と浴室は共通にしました。キッチンに関してはメインが自分の所のリビングのものをメインとして、もう一つサブキッチンを両親の部屋に付けることにしました。割と共通スペースが多めとなりましたが、やはりそれだけコミュニケーションを取る機会が増えましたのでこれでよかったなと思います。